ホーム

お見合いパーティーの服装

年末のイベントである、クリスマスや正月休みも一人でいることが、当たり前になってしまった。これが私のコンフォートゾーンになってしまったようである。もう、とっくに結婚は諦めて、違うことに力を入れよう。そちらの方がより建設的な人生ではないのか。

先日行った街コンが失敗だったから、そういう結論に達したのである。


当日は服装にも気を使い、ローンを組むことまでしなかったけれど、それなりに高い服を着て行ったが、まったく反応は悪かった。


着ているものが、みすぼらしくても、やはり若い人間の方が人気がたかい。


もうタイミングは終わってしまったようである。気づかないうちに。

その時の様子をまとめてみた。

⇒ 彼女が欲しい


2013-12-25

だからこそ

あの有料とサービスを使って5年が経つ。早いものである。気づかないうちに、もうそんなになる。

それで5年が経つにも関わらず、期待した 結果を得ることが出来ないということは、サービスの使い方が悪いか、サービスそのものが悪いかということになるのではないか。要は、結局、根本的に違うの ではないか。最初のボタンをかけ違えているのではないかということである。もっと本質的な部分を再度、考察しなおす必要があるのではないか。そうは言って も残り時間はそれほど多くはないのかもしれないが。
もっともそんなことに気付きもしないで、相変わらずカモにされている馬鹿もいるようであるが。

というか、だからこそ私の友人なのかもしれないが。

結婚

「外見がよくないと・・・」
「理想の相手をひきつけられるほど、魅力がない・・・」
「そんな特別なことが自分に起きるとは思えない・・・」
「私は、年収の面で高い車に乗ることができない」


 あなたがこう思ってしまうのも無理はありません。
 疑問を抱かれるのは当然だと思います。  理想の相手と出会い、結婚することは、誰にでもできるのか?  疑問を抱かれるのは当然だと思います。   しかし、いくつもの結婚相談所を渡り歩いた、私が自身を持っておススメするのです。   遊び目的なら、よそを当たった方が良いでしょう。まじめな結婚を真剣に考えている人たちの集まりです。

先日、行ったカップリングパーテイーのフリータイムは、こんな感じでした。

Return to page top