ホーム

人生が旅ならば

人生は旅のようなものであると良く言われる。

 先日、ヒッチハイクで旅をする若者を見た。

先日、ファーストクラスで世界を旅する億万長者を見た。

どちらの旅も楽しいものであろう。

しかしながら、ヒッチハイクではファーストクラスの旅の味を楽しむことは出来ない。


ファーストクラスに乗ってヒッチハイクの旅の味を楽しむことも出来ない。

どちらが良いとか悪いとかではない。

ヒッチハイクにはヒッチハイクの良さが、ファーストクラスにはファーストクラスの旅の良さがある。

ファーストクラスに乗る老人には、今さらヒッチハイクの旅は無理であろう。若い人だけの特権である。

銭がないならヒッチハイクの旅を楽しめば良いではないか。

銭があればファーストクラスに乗れば良いではないか。金持ちの老人の特権である。

銭のある人物は銭のある人生を、

銭のない私は銭のない人生を、

ファーストクラスに乗れないならばヒッチハイクの旅を楽しめば良い。

それもまた人生の一興である。

所詮、人生は旅なのだ。

松尾芭蕉は旅について何と詠んだか。



  http://urx.nu/hZRu

川の深さ 市場の大きさ

浅い川はうるさく、
深い川は静かである。
 
 
ビジネスもこれと同じです。
 
浅い川ばっかり見ていてもしょうがありません。




https://www.facebook.com/keizainews

昨日

昨日の夜中に地震があった。
 
マグニチュード4とか3とかいう話である。違う。震度が4だったか。おかげで夜中に目が覚めて眠れなかった。睡眠不足である。また、肌荒れがひどくなるかもしれない。嫌だな。
身体で感じた揺れは神戸の地震と同じくらいだった。おかげで睡眠不足である。家族は何も感じなかったそうである。幸せな人間である。

ちなみに震源地は隣の県との県境だそうである。

日本で生きている以上、こうしたことは避けられないのであろう。

しかし、大した被害もなくてよかった。

2013-04-07

Return to page top